メンタルヘルスへの道を行使する方法

メンタルヘルスへの道を行使する方法

確かに、運動はあなたの身体的および精神的健康を改善するのに役立ち、座りがちな生活よりも見た目も気分も良くなりますが、それは大変な作業です。

メンタルヘルスへの道を開くのは簡単ではありません。そして、私たちは完全にそれを理解します。朝に50回の腹筋運動をしたり、仕事の直後に42スクワットを数セットしたりする動機を見つけるのが難しいことについて、私たちに話す必要はありません。しかし、実際に定期的に運動しなければ、運動のすべての利点を体験することはできません。確かに、それは厳しい現実です。



ご存知のように、運動には大きなメリットがあります。最も明白なのは、それが私たちの体をどのように物理的に変化させるかです。しかし、一貫して汗のセッションに参加することのあまり明白でないボーナスの1つは、それが私たちにどのように考えさせ、感じさせるかです。ワークアウトを開始すると、体格の進化を写真で記録できます。しかし、運動が私たちの脳に与える影響を追跡するのははるかに困難です。秘訣は、日々の日記をつけることです。自分の気持ちを記録し始めると、運動していない日とは対照的に、運動している日がどれだけ速くて鋭いのかがわかります。

体力の最大のパラドックスの1つは、気分が良く、エネルギッシュで、注意深く感じるためには、定期的に自分自身を疲れさせなければならないということです。





運動はエネルギーを高め、睡眠を促進します。

運動があなたの人生の一部になると、あなたはあなたが以前よりもはるかに多くのエネルギーを持っていて、はるかに簡単に疲れにくいことに気付くでしょう。これは、特に有酸素運動の場合、運動によって心拍数が増加し、筋肉が酸素化されて、筋肉がより強く、より耐久性のあるものになるためです。しかし、運動は安静時の心拍数も低下させ、それによって血圧を下げ、睡眠の質を改善します。これは、ご想像のとおり、最適なメンタルヘルスにとって計り知れないほど重要です。うつ病はしばしば無気力とエネルギー不足として現れるので、運動はあなたのドライブを後押しする自然な方法です。さらに、あなたが元気を取り戻し、世界に挑戦する準備ができていると感じるアドレナリンがすべてあります。



運動はストレスや緊張を和らげます。

さて、私たちはすでにあなたに話しました あなたの体にどのようなストレスがかかりますか したがって、身体運動などの生産的で全体的な健康的な活動にそれを導くことがあなたに有利であることを知っておく必要があります。ストレス、うつ病、不安神経症、PTSDの症状に対処するのが最も難しいのは、否定的な思考です。運動は、身体のような現実的で具体的な何かに焦点を合わせながら、思考から気をそらすための優れた方法です。また、25分間のトレーニングでは、直面している可能性のあるすべての問題が魔法のように解決されるわけではありませんが、状況を客観的に評価して行動計画を立てる方が簡単です。

運動は脳に栄養を与えます。

運動すると、脳への血流が増加し、新しい脳細胞が作られ、記憶力と学習能力が向上します。さらに、このプロセスは、アルツハイマー病やパーキンソン病の発症、および一部の遺伝子をオフにして他の遺伝子をオンにすることで認知機能の低下につながる可能性のある他の状態からあなたを保護するのに役立ちます。そして、追加のインセンティブとして、運動がエンドルフィン、セロトニン、ドーパミン、GABAなどの気分制御に役割を果たすことが知られている神経伝達物質を活性化することを知っておく必要があります。したがって、うつ病に苦しんでいる場合、運動は西洋医学に共通する副作用なしに服用できる最も効果的な自然薬です。

セラピストに会うべきですか

ご覧のとおり、メンタルヘルスへの道を歩むべき理由はたくさんあります。

ちょっと、そこ!あなたは今読んだものが好きでしたか?今すぐ購読して、毎週の投稿を受信トレイに配信してください。